太陽光発電・オール電化住宅についての基礎知識

オール電化住宅とは、キッチン、お風呂の給湯、暖房など、
熱を使う全てを電気でまかなう住宅のことをいいます。

オール電化にしないで、太陽光発電システムだけを導入したとしても、
余った電力の売電で光熱費の削減、断熱効果や停電時の備えなど
色々な利点が得られますが・・・

太陽光発電とオール電化を組み合わせる事が、最大のメリットとなります。

太陽光発電は、昼間に太陽光発電システムで
発電・売電し、電気料金を節約することが可能です。

深夜の安い電気料金を活用し給湯することで、
光熱費を抑えるという仕組みとなっています。。

全ての熱源を電気でまかなうオール電化スタイルの住宅が、
近年は幅広く普及してきているので、それに伴い、
太陽光発電の導入を検討する方も年々増えているそうです。

オール電化とガス併用は、人それぞれの感覚によって、
どちらが良いかの意見が分かれますが、双方のメリットやデメリットを

十分に理解し、オール電化とガス併用のどちらのスタイルが、
自分の家庭にマッチするかを判断するのが重要になります。